自ら獲って捌いたジビエや無農薬の古代米。猟師 兼 農家から直接買える、こだわりの食材をオンラインでお届けします。
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • なぜ野生の鹿を食べるの?
全国的な鹿の増加、獣害、食害

日本中の多くの場所で、異常に鹿が増えています。人が引き起こした温暖化や小雪が起因していると考えられていますが、もともと鹿が生息していた森林内では食物となる林床の植物を食い荒らし、森林は大きな被害を受けています。

また、その被害は林床の表土の流出、さらには大幅な土砂の流出などを引き起こし、河川にさえも悪影響を及ぼしています。

自然を守るためには地域内における正常な生息数を維持することを念頭に置いた駆除・狩猟活動が必要であるとともに、狩猟によって得られる資源を有効活用することがとても大切です。

人の手を必要とせず森が育むジビエは多くのエネルギーを費やす設備の中で育てる家畜と違って、よりエコロジーな食品ともいえます。



鹿が増えすぎると他の野生動物が住めなくなる?


生息密度が一定以上高くなると、他の動物が住みにくくなり移動していく傾向があります。鹿だけでなく、猪が爆発的増加を起こしている地域もありますが、猪が増えすぎた地域には人鹿がいない。鹿が増えすぎた地域には猪がいない、といった極端な現象が各地で見られます。

そして鹿の場合はほとんどの植物を壊滅的に食い尽くすので、それぞれの植物と密接にかかわる昆虫類や野鳥などの生息が困難な状況になるなど生物多様性において甚大な影響を与えているのです。
 

 

野生鹿は日本の森林を食べ尽くす?


ここ十数年、鹿は日本各地で増加の一途を辿っています。もともと生息していた森林内では生息数が著しく増えたために、食物となる下層植物を食い荒らし、多くの場所で毒草以外の草が何も生えないような悲惨な状況が生まれています。

また、そんな場所では下層植物だけでなく、カエデなどの樹木が樹皮を食害により剥がされ、立ち枯れが広がるなど事態はとても深刻です。また、近年今まで目撃されていなかった都市部でも鹿の目撃が増えています。このまま鹿を放置し続ければ小笠原諸島の媒島(なこうどじま)のように、かつてのジャングルが野生化したヤギの繁殖によって草木1本も生えない岩山と化した、といったことが日本各地で起こらないとも限らない。そんな危機感が高まっています。
 



なぜ鹿が増えるのか?
 

日本の森林には恵まれた気候のもとに独自の豊かな生態系があります。そんな生態系も明治維新以降の人の暮らしの多様化、近代化によって少しずつ異変が現れました。異国より移入動物が持ち込んだ病気が原因で絶滅を招いたと言われているニホンオオカミもその一例です。

オオカミの絶滅は食物連鎖に大きな影響を与えたのはのは言うまでもありません。ただ、その後厳しく野犬対策がとらえるようになるまでには、放し飼いの犬、または野犬がその代わりを担っていたと考えられています。

昭和中期以降、野犬の駆除と放し飼い禁止の徹底、そして産業の発展に伴う山間部の過疎化、耕作放棄地や利用されなくなった里山など、鹿の安住の地が拡大し、鹿の増加を促す要因が数多く生まれてきました。

そして近年、誰の目にも明確になってきた温暖化。豪雪地帯には住めない鹿は小雪化に伴い生息地を拡大し、降雪地域においては春先には多くの鹿が餓死するといった自然淘汰の力も働かなくなり、生まれた個体のほとんどが生存し続けるといった危険な状況になっています。